すべて 進捗 日本アイルランドカジノ

ポーカープレイヤーにおすすめしたいアイルランド、ダブリンの人気カジノ「ザ フィッツウィリアム カジノ」

日本アイルランドカジノ – 854759

アイルランドには 「カジノマリノ」 という建物があり、名前を聞いただけでは「カジノ」と思ってしまいがちですが、この建物は一般的に言われるカジノではなく、アイルランドの隠れた観光スポットとされています。 「カジノマリノ」があるマリノ地区はアイルランドの首都ダブリンからやや北東に行った場所で、ダブリン湾を臨むことができる見晴らしのいい場所です。そしてこのマリノ地区の中にある「カジノマリノ」は、17世紀に地中海を旅行していたチャールモント伯爵が「ギリシャ式の美しい家をアイルランドに建てたい」と夢を描いたことから始まります。そしてイギリスの歴史にもその名を残し、「サー」の称号をも与えられた名建築家のウィリアム・チェンバースに建築を依頼して15年の月日をかけて建築された建造物です。 その後売りに出されるものの、アイルランド政府が後にこれを買い取って修繕工事などを行い、現在も美しい姿を見ることができます。 カジノの本来の意味である「小さな家」とも言うべきたたずまいながら建物の内部はさまざまな装飾やこだわりのレイアウトが施され、外見から見ると1階建てに見えるにもかかわらず実は2階建てというギミックもあります。 これ以外にも歴史的な建造物として見どころは多く、夏場であれば夜の8時まで営業しているので他の場所の観光をした上で訪れることもでき中ではブラックジャックやポーカーなど、カジノで遊ぶようなゲームもできますがお金を賭けることはできないので注意が必要です。 ガイドブックにも乗っていない隠れた名所ですが、18世紀のヨーロッパの建造物の中でも代表的なものにあげられるほど顕著な建物で、アイルランドを訪れたら1度は行っておきたい観光スポットです。

第5回「日本におけるカジノを含む統合型リゾート(IR)実現への期待」

アイルランド共和国の首都ダブリンの中心部のメリオンスクエア(公園)の周りには、アイルランド共和国の政府機関や国立美術館、官公庁、国立図書館など、主要官庁が沢山あります。日本で言えば、霞ヶ関の様な所と言ってよいでしょう。 このメリオンスクエアのすぐ近くにある、ダブリンでも一番人気が高いカジノと言われているのが「ザ フィッツウィリアム カジノ(The Fitzwilliam Casino and Card Club)」になります。 伝統的な煉瓦積みの建物が並ぶ一角にあるのが、ザ フィッツウィリアム カジノになります。見た目的にも、クラシックでかつ洗練された印象のカジノクラブです。 カジノなので、ブラックジャックやバカラ(プントバンコ)、ルーレットなどの一般的なテーブルゲームは備わっていますが、カジノの名前に「Card Club」と入っている様に、ポーカープレイヤーの為のカジノと言って良い程、ポーカーのジャンルや、トーナメント、キャッシュゲームが充実しています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*