すべて 機会 スキルゲームラスベガスカジノ

カジノにアーケードゲーム導入の動き、若いゲーマーがターゲット

スキルゲームラスベガスカジノ – 958454

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ラスベガスのカジノホテル

現在、ネバダ州においては、スキル要素を盛り込んだスロットマシンの法制化が最終段階にある(なお、ニュージャージー州は年10月カジノゲームににスキル要素を取り込む方向性を示した)。 その動きは、全米が注目しているようだ。なお、年9月29日~10月1日に開催される世界最大のカジノ産業総合展であるG2E(Global Gaming Expo)においても、主要メーカーが出展するスキル要素を盛り込んだスロットマシンが注目されている。 米国ではコマーシャルカジノを有する州が23ある(本年から開始したマサチューセッツ州を除く。なお、トライバルカジノのみを有する州は16州)。 そうしたコマーシャルカジノがある州におけるギャンブルからの税収は伸び悩んでおり、年以降、ほとんどフラットの状況。その主な背景は、若者(30歳未満)のスロットマシン離れであるとした。 若者はカジノ、IR施設を訪問しても、ノンゲーミングアメニティ、またはゲーミングでもテーブルを好む傾向がある。 カジノIRジャパン関連記事: 米国:スロットマシン大手2社 IGT,Scientific Games 環境楽観できず。スキル要素は競争激化要因 米国:ネバダ州 スキル要素スロットの法制完了が近づく。G2E出展、年フロア導入へ 米国:AGEM(機器メーカー団体)がレポート ホールド率上昇の流れに警笛 米国:ネバダ州 スキル要素スロットの規制はまだ確定せず。業界は年内のフロア導入を目指す 【遊技産業の視点 Weekly View】世界における遊技機の可能性=SankeiBiz 米国:ネバダ州 スキル要素を入れたスロットを合法化。若者世代へのアピール強化。 State Gambling Revenue Takes Hit as Millennials Bring New Habits to Casinos 記事へのリンク。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。

スキルゲームってなに?

スキルゲームをするか運任せゲームをするか 、というのはカジノゲームをする時に誰もがぶつかる疑問です。もしあなたがカジノには運任せゲームしかないと思っているなら、それは間違いです。ほとんどのテーブルゲームはスキルベースです。つまり、プレイヤーはそのゲームについて詳しく、上手にプレイすることができるのです。 スロットなどの運任せゲームは、その名の通り、公平な乱数に基づいています。プレイヤーはスロットゲームの結果を変えることはできません。ならば、スキルゲームの方が運任せゲームより良いのでしょうか?もう少し詳しく見てみましょう。 その前に是非Royal Vegas オンラインにて、 プログレッシブジャックポット をプレイしてみください。何億も当たるチャンスのある運任せゲームがあります。今すぐスリル満点のオンライン ジャックポットゲームをプレイするには こちらをクリック 。 ブラックジャックのようなカジノゲームは、ほぼ完全にスキルによって左右されるゲームと言って良いでしょう。もちろん、どのカードがいつ出るなど運の要素もありますが、実質上、スキルのあるプレイヤーはその状況を最大限に活用する方法を知っています。しかし、ここで注目したいのは スキルのあるプレイヤー という言葉です。ブラックジャックを上手にプレイするのは簡単なことではありません。何年も練習を重ねなくてはならないこともありますし、時には熟練するまでに何十年かかることもあります。 しかしまた、ブラックジャックが上手だということは、財布のお金が増えるといことでもあり、そこがスキルベースのカジノゲームが人を引きつける理由なのです。より多くプレイすればするほど上手になり、 多くを稼げる というわけです。ゲームはスキルを試すテストであり、負けたならばもっと練習すれば良いだけのことです。 できれば何年も練習したくはないという人は、 巨大なプログレッシブジャックポットが得られる Royal Vegas カジノ を目指すこともできます。今すぐログインして、エキサイティングなRoyal Vegas のプログレッシブジャックポットに挑戦してみましょう。練習はまったく必要ありません。 ミリオネア メーカー のニックネームを持つ Mega Moolah から始めることをお勧めします。その理由はもちろんご想像がつくと思います!

実際どんなゲームがあるのか

スキルゲームとは? ビデオゲーム・ギャンブリング・マシン(VGM)であり、スキルを重視したゲームにより勝敗をかけてギャンブルするカジノ・ゲームの事です。一昨年前より、北米カジノ業界では、これまでの 「ゲーム・オブ・チャンス」 -(コンピューターソフトにより、乱数を発生させ、あくまでも運要素のみで勝敗が決定するゲーム)から 「ゲーム・オブ・スキル」 -(テレビゲームや家庭用ゲームのような、プレイヤーのスキルが勝敗の決定に関与するゲームで、パズルゲームやソリティアや簡単なスポーツゲームなどが含まれます)への移行が始まっています。従来は、アタリ、任天堂、XBOX、ソニープレステなど、家庭や友達同士でのゲームセンターなどでテレビゲームを楽しんでいましたが、現在では、オンライン・カジノでお金を賭けたゲームが続々と登場してきています。ラスベガスなどのリアルなカジノでも徐々にスキルゲームを設置しているカジノが目立つようになってきました。従来のスロットマシンのような 「ゲーム・オブ・チャンス」 に比べると、 「ゲーム・オブ・スキル」 は若いジェネレーションに受け入れられる要素が多く、スロット離れが厳しいカジノ業界に新風が吹かせることができるかが鍵になっています。監視管理局側としても、このゲーム・オブ・スキル普及いよる未成年ギャンブルの問題も出てくるので、慎重に検討をしているところも少なくありません。 スキルゲームをリアルなカジノに導入している会社はいくつかありますが、其の内の大手、ゲームコ社は、アトランティックシティのシーザーズ系列カジノにて、ビデオゲーム型のギャンブルマシンを昨年冬から設置しています。 ビデオゲームで育ったX世代(~年代生まれ)、ミレニアルズ世代(~年代生まれ)をターゲットにしたこのマシンは、ビデオゲーム、e-Sports、それにギャンブルを掛け合わせた新しいエンターテインメントを作り出しました。その第1弾として、プレイヤーのスキルによって配当が支払われるFPS『Danger Arena』で、アゲームセンタースタイルのビデオゲームキャビネットにコントローラーが付属しています。アトランティック・シティのシーザーズに3台、ハラーズに2台、バリーズ・ワイルドワイルドウエストに2台のトリプルユニットが設置導入されています。 ゲームコ社のCEOであるBlaine Graboyes氏は、「カジノフロアに次の世代のプレイヤーを引きつける市場初の試みは非常に刺激的です。また、シーザーズと共にアトランティックシティで導入することにとても興奮しています」と語っています。 オムニアは今超はやりのクラブです。 スポーツベッティング。シーザーズパレスのスポーツブックには長ーい歴史があります。 物凄く有名な、シーザーズパレスのトイレ。一見の価値あり。 皆さまのご感想、コメントなどお寄せください コメントをキャンセル。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*