すべて 機会 実践スリーカードポーカ

ベラジョンカジノのカジノパリで3カードポーカーを説明&実践

実践スリーカードポーカ – 199360

プレイヤー対ディーラーの対戦で、1デッキ 52枚 使用で、毎回シャッフルされたカードを使います。プレイヤーは始めにAnteにチップを置きます。するとプレイヤーに3枚のカードが表向きに配られます。ここでプレイするかフォールドするかを決めます。プレイするならAnteと同額のチップをPlayに置かなければなりません。フォールドしてしまえばその時点でプレイヤーの負けとなってAnteが没収されてしまいます。

スリーカードポーカーのルールと最適戦略

Pairplusにのみベットした場合は、ディーラーとの勝負に関係なくカードが配られた時点で配当の有無が決まります。 (画像の手役は『ディーラー:5のペア』『プレイヤー:2のペア』で勝負自体はプレイヤーの負けですが、勝敗は関係ないので配当が貰えています)。 プレイヤーは自分の手札(役)を確認し勝負できると思ったら、さらに「Play」にチップを置きます。(この時、 「Play」に置くチップは「Ante」に置いたチップと同額 にしなければなりません) また、手札を確認して手役が無かったり自分の役が弱く勝ち目がない等の理由で勝負にならないと思った場合は、カードを伏せてディーラーに返す(勝負を降りる)こともできます。 (ただし、この場合「Ante」に対しベットした金額は没収されます)。 勝負に参加している Anteにベットしている プレイヤー全員が「勝負する Playにベット 」または「勝負を降りる カードを返す 」のどちらかの意思表示が出されたら、ディーラーは自らの手をオープンにします。 ディーラーと同様にプレイヤー側も手持ちのカードで既定の手役が出来てない場合であっても、手持ちの中に 「Q クイーン 」以上のカードがある場合はディーラーと勝負することが出来ます。 Verajohn Casino ベラジョンカジノ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*