すべて 運試し 世界一ブックオブデッドスロット

【スロット】BOOK OF DEAD-スペック紹介&徹底レビュー

世界一ブックオブデッドスロット – 944055

フリースピンやボーナスゲームなどの機能は搭載されていませんが、通常時に突如現れるWILD図柄がBIG WINへの鍵となります。また、この機種最大の特徴としては、左側からの絵柄揃いだけでなく、右側からの絵柄揃いも配当になることです。お得な気がして、気分が良いです。

このクリエイターの人気記事

その名の通りイタリアのベネチア ベニス をテーマに設計されています。施設内にはコンサートやバスケットボールやボクシング等のスポーツ試合が開催される15,人を収容できるコタイ・アリーナや、店舗以上のショッピングモール、50以上のレストランやバーがあり、まるでそれ自体がひとつの街のよう。 ベテランプレイヤーの方にお勧めなのがザ・ベネチアン・カジノのVIPクラブであるPaiza Club。クラブ内には独自のラウンジ、レストランがあり、プライベートのゲーミングルームがあり、メンバーは24時間いつでも利用する事が出来ます。 シティー・オブ・ドリームスにはカジノ以外にも楽しめるアトラクションがたくさんあります。「the House of Dancing Water 水舞間」や「TABOO」といったショーや、バーチャル水族館「Vquarium」、マカオ最大のクラブ「Club Cubic」、レストラン街「SOHO」一流ブランドを取りそろえたショッピングモール、子供用の遊戯施設など。家族連れでも楽しめるリゾート施設となっています。 第4位はマカオの内港 Inner Harbor に位置するポンテ16。年にオープンした、ポルトガル風の総合リゾートです。カジノが集まるストリップからは離れていますが、観光地に近く、カジノだけでなく観光も満喫したい方には絶好のロケーションです。リゾート内には5つ星ホテル、ソフィテル・マカオが入っている他、9つのレストランやバー、そしてアジア唯一のマイケル・ジャクソン・ギャラリーがあります。 第5位は南半球随一の規模を誇る、南アフリカ共和国のリオ・カジノリゾート。ブラジルのリオのカーニバルをテーマにした総合リゾートです。年にTusk Rio Casino Resortとしてオープン、その後年にPeermont Globalが買収しリオ・カジノリゾートとして生まれ変わりました。

公式アニメPV公開中!

ベラジョンカジノの スロット最新作 Legacy of Dead (レガシーオブデット) を紹介します。

1. ザ・ベネチアン・マカオ The Venetian Macao : 中国、マカオ

ピラミッドの財宝を求めて冒険を繰り広げるスロットBook of Dead(ブックオブデッド)。 タイトルにもBOOKとあるだけに、「本」が物語・ペイアウトなど本機種の要素全てのカギを握ります。 出玉のポイントでもあるフリースピンは、突入時にミステリースキャッターが毎回ランダムに選択され、変化に富んだ仕様です。 高額配当図柄は、トレジャーハンターやファラオ・アヌビス等キャラクター。 低額配当図柄はトランプの絵柄が割り当てられています。

ベラジョン スロット 最新作 Legacy of Dead 攻略法

ヨコヅナクラッシュ Yokozuna Clash。 ウィンターベリーズ Winter berries。 インシネレーター Incinerator。

世界一ブックオブデッドスロット – 673801

ブックオブデッドスロット : Book of Dead Slotの詳細解説

Book of Dead の人気の理由は、フリースピンボーナスで高配当キャラクターが選ばれたときには、ものっっっっっすごい数のコインを獲得できるところにあります。なんと 配当が最大4倍になる「ダブルアップ」を搭載 しているのです。これについては追って説明していきましょう! 上の表通り、Bood of Dead 3x5グリッド ですが、実際は 最大10ライン までプレイヤー側で指定できるようになっています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*