すべて 運試し ご褒美プログラム優勝予想

放課後インターン「STEP2~YOUNG EGGS COMPETITION~」優勝チームのご褒美として用意されていたのは・・・

ご褒美プログラム優勝予想 – 835519

PR会社ならではのスペシャルな特典、それがこちら! そう!先日開催発表をした「 RockCorps supported by JT 」の開催記者発表会の 現場見学です!

2019年12月28日~2019年12月30日 選手インタビュー

GP KEIRINグランプリ2019。 今年は2月全日本選抜、6月高松宮記念杯とG1戦2冠の偉業を達成。40歳にして、全盛期を迎えている。  「ちょっとデキすぎですね。全日本を獲って気持ちに余裕がありすぎて、逆に難しいところもありました」  グランプリは16年以来、3年ぶり2度目の挑戦になるが、気負いはまったくない。  「地元の熊本記念に向けて仕上げた反動で競輪祭はダメだったけど、1カ月あるので、展開が向いた時にしっかりモノにできる状態には仕上げたいと思ってます」。 競輪祭で決勝進出した時点で完走すればグランプリは確定だったが、平原康多を飛ばしてまくった清水裕友をかわしてG1初優勝。「タイトルを獲って出られるのが本当にうれしい」。最高の形でグランプリ初出場を決めた。  昨年暮れに地元で記念初優勝を飾ってから、次の目標はグランプリだった。「1年間頑張ってきて良かった」と喜んだのもつかの間、「獲るって強い思いを持って」と暮れの大一番に頭を切り替えた。本番も清水との中国タッグでビッグ連覇を狙う。 優勝は3月平の一度だけ。それでも今年は2月全日本選抜、8月オールスターで決勝2着に入るなどビッグレースで活躍し、13年ぶりのグランプリ出場を決めた。  「今年はG1で決勝に進みたい。その気持ちで来た感じ。最後のグランプリかなっていう思いがあったし、それもモチベーションになった」  メンバー最年長だが、「北では完全にエース」と評価する新田祐大の番手がある。「どんなレースをされても納得。好きに走っていい」。後輩を信じてゴール勝負にかける。

慶應義塾体育会野球部 田村勇志くん

VIP VIP VIP VIP. MAC iPhoneAndroidiPadNEXUS VIP. 150 50. 7 5 4. 3 1 6.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*