すべて 運試し 情報ベトナムのカジノ

ハノイのカジノ一覧(2019年6月19日現在)※随時更新

情報ベトナムのカジノ – 917917

ハノイ日系カジノHollywood One Gaming Clubを徹底取材!

ハノイのカジノの基本情報

ベトナムにはカジノがあることを知っていますか? 年齢などに制限はあるものの、ベトナムではカジノを楽しむことができます。とはいっても、ベトナムに来た際にどこのカジノがおすすめであるのかわからない方も多いのではないでしょうか? 今回はハノイ、ホーチミン、ダナンのおすすめのカジノやベトナムでカジノを楽しむ際に気をつけたい服装や年齢制限などについても紹介します。 ベトナムのカジノは基本的に21歳以上から入場可能です。 一部のカジノでは18歳以上で入場できる場合もあります。 また、ベトナムのカジノでは基本的にドレスコードは無いので自由な服装で行くことができます。カジュアルな服装やビーチサンダルなどで露出が少なければ大丈夫ですが、カジノによっては入店を断られる場合もあります。それなりにTPOをわきまえた服装で行くようにしましょう。 キンマー地区の小道にひっそりと暖簾を掲げる「浪速割烹 㐂六庵」。京の持ち味、大阪の食い味と言われる通り、大阪は旨口に味付けする食文化があります。 日本食材はもちろんベトナムの新鮮な食材を使った創作料理も浪速割烹ならではの逸品でご提供致します。

ベトナムのカジノ現状

現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。 なお、ホテル内設置の電子ゲームパーラーは、約20ヵ所に存在する。 ベトナムでは、ローカル(内国人)のカジノ入場を禁止。 年3月のカジノ法令(政府が指定する施設にて、要件を充足する国民のみが入場可)の施行後、年1月に開業したCorona Resort and Casinoのみローカルが入場可能なカジノ施設を有する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*