すべて 運試し ベーシックストラテジスイスのカジノ

ブラックジャックのベーシックストラテジーチャート解説

ベーシックストラテジスイスのカジノ – 448112

ディーラーは16以下の場合、必ずヒット (もう1枚引く)し、 17以上であればスタンド (引かずに勝負)するという、基本ルールがあります。

「ポンツーン」ってどんなゲーム?

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。 この為、ポンツーン 勝負時に配られた2枚での21。ブラックジャックで言う「ナチュラルブラックジャック」 の保険となるインシュランスとベーシックストラテジーは使用する事ができません。 ですが、使用するカードはジョーカーを除く52枚だけという少なさ。 この数の少なさで、「カウンティング」というテクニックはブラックジャック以上の効果があります。 数の数え方は、ブラックジャックと同様で、J・Q・Kのピクチャーカードは10としてカウント。Aについては1と11、どちらか好きな方を選んで良い事になっています。 但し、Aとローカード 低い数字のカード での「17」はソフト17という扱いになり、ディーラー側のみ強制でツイストする義務が発生。この点ではブラックジャックと異なり、当然ですが17からバースト、という事もありえます。 このルールによってディーラーカードのブラインドによる不利益がカバーされる形となっているのが本家ブラックジャックとの違いです。 ゲームテーブルでベットを行ったら即座にゲームが開始となりますますが、ディーラーが手札を先に確認し、開始2枚でポンツーン 開始時の手札2枚での21 が成立している場合は、自動的に負けとなります。 ここでディーラーがポンツーンでなければ自分の手札の確認。 手札の点数次第でカードを追加するかどうかを判断する事になります。 追加の場合は指でテーブルを2回、トントンと小突けばOK。 ブラックジャックにおけるヒットと同様で、発声で促す場合は「ツイスト!」と言います。 21を越えるとバーストとなり、自動的に負けが確定しますが、その範囲内なら5枚まで引く事が可能です。

ブラックジャックとポンツーンの違いは?

インターカジノ 4年連続で雑誌「ギャンブリング・オンラインマガジン」のトップオンラインカジノ賞を受賞。日本人に大人気。 年7月に日本人プレイヤーが 約7,万円 を獲得。スマホやビットコインにも対応。 ベラジョンカジノ 早くからスマホ対応していて日本人に人気。年に 約4億円 のジャックポットが出ています。スマホやビットコインにも対応。

スイスのカジノ事情とおすすめカジノ施設9選

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*