すべて ゲーマー は縁起がよいソーシャルカジノゲーム

◎HIGH 5 GAMESがアジアをテーマにした初のソーシャル・カジノを発表

は縁起がよいソーシャルカジノゲーム – 744270

全体テーマ的には、中華風。メインとなるのは「カエル」たち。金色のカエルは金運を司る為、 非常に縁起のいいテーマのオンラインスロット であるといえます。登場するシンボルは低配当シンボルが4種類、鯉や桃といった高配当シンボルが4種類。そして、「ゴールデンドリーム スロット」のボーナスシンボルとなる 「赤色の8」 と 「金色の8」 と、「ハワイアンドリーム」でもおなじみの 「RESPIN」 シンボルの合計11種類が登場します。

ゴールデンドリーム・スロットのスペック

ベン・ブラシュク:まず初めに、セガサミークリエイションの新社長およびCEOへの就任おめでとうございます。会社の方向性にとってこれは何を意味するのでしょうか? スコット・ウィンゼラー: そうですね、簡単に背景をお話しすると、セガサミークリエイションは、数年前に専門的にカジノゲームにアプローチするために設立されたセガサミーホールディングスの子会社になります。 約2年前にネバダ州でライセンスを付与され、その時にその米国事業を主導する役割で私が加わりました。以前、日本外でセガサミークリエイションを運営していた方はこのようなアプローチを取っていました。「カジノゲーミングに新しくてユニークなものを持ち込もう。私たちはアーケードの世界、そしてPlayStationで素晴らしい経験を得てきた。何か新しくてユニークなものを新たに取り入れられるかやってみよう」。これは、優れたコンセプトでした。彼らはマカオで、シックボー 大小 のマルチプレイヤーステーションをリリ ースしました。これは非常に大きなことで、大胆なアプローチでした。そしてそのマシンはよくできていました。彼らは台のマシンを設置し、良かった点としては、一切メンテナンスやサービスの問題のようなものがなかったことです。つまり、セガサミーグループはこれまでパチンコであれ何であれ、何百万もの箱を作ってきたので、エンジニアリングについては確実に熟練のレベルだったということです。 残念ながらそれらは単に、市場がそのマルチプレイヤーステーションに求めていたものにはヒットしませんでした。 だから私は当初米国市場だけを担当する立場だったにもかかわらず、上層部は「カジノゲーミングに関して本物の経験を持つ人間を入れることがゲーム開発の仕事に刺激を与えられるはずだ」と考えたために、私が3月にその役割を引き受けることになりました。 BB:アメリカのコアプレイヤーに言及されました。ご自身のフォーカスは主に米国にあるとお考えですか、またはアジアはまだその大きな部分を占めていますか? SW: 当社の基本理念は両方です。 アジアでは新しいプロジェクトが進行中ですので、おそらくもう少し成長の機会が多いでしょう。ベトナムが上がってきています。カンボジアと話はしていますが、まだ製品は設置していません。マレーシアとも話しています。企業としてはまだアジアではかなり新顔です。少なくとも次回入札には検討に入れてもらえるよう韓国の試験機関には複数のマシンを出しています。 だから市場の成長の潜在力という視点で見ると、アジアはかなり良いのですが、合計ユニット設置数から見ると米国市場は明らかに10倍は大きいです。今現在は、規制機関へのライセンス申請に奔走しています。2年前にネバダ州のライセンスを手に入れて、カリフォルニア、アリゾナ、そしてフロリダでは複数の部族系カジノから興味を持ってもらっています。我々はそれなりの規模があってアクセス可能な市場を動き回っているだけです。 BB:セガサミークリエイションにとってアジアでの最大の課題は何ですか?アジアには非常に多くの国々がありますが、課題はそれぞれ少しずつ異なるのでしょうか? SW: マルチプレイヤーステーションに関してはアジアでは方向転換しました。あまり上手く行かなかったのでスタンドアローン型のバ ージョンに戻しました。当社の『Baccarat Maximum Fortune』は現在、マカオでユニット以上導入されていて、トライアルでしたが、今は全て販売に変わりました。かなり上手くいっています。年末にフ ィリピンに導入し、ラスベガスまでも導入し始めています。というのもいくつかのカジノにはバカラやシックボーがあるアジアコーナーが設置されていますので、そのゲームはそのニーズに応えます。 我々が導入したものの1つに、プレイヤーが独自の履歴カードを作れるというオプションがあります。アジアでは縁起を担ぐ人が多いので。だからプレイヤーが実際に賭けることなく乱数発生器を回して、2回、3回、10回、好きなだけやってもらって、その流れがどんなものか見られるようにしました。 その後、いつが賭け時なのかを自分の縁起担ぎに基づいて決めることができます。プレイヤーがそのヒストグラムを作れるようにしたことが、このゲームがマカオでかなりの人気を博した要因だと考えています。 他にアジアでしていることですが、ご存じの通り、アジア、特にフ ィリピンにはリンク型プログレッシブが至るところに設置されており、これらリンク型プログレッシブゲームの多くがかなり好評です。つい最近には、Volcano Linkシリーズがリリースされており、そのシリーズの下で2タイトルが登場しています。 そして当社の製品開発ラインナップには、今後数カ月間に1つずつリリースする予定の一連のリンク型ゲームがありますので、事業者としては、フロアに大きな変更を加えることなく常に新しいコンテンツを提供できると自信を持つことができるのです。単純にそれらをアップグレードすることもできますし、またはあるリンクを気に入っているなら、単に2つ目のリンクを追加する事もできます。ですので、スタンドアローン型ゲームの開発に加えて、我々はそのボ ーナスリンクがあるこのリンク型プログレッシブシリーズに取り組んでいます。 また、進行中のスタンドアローン型ゲームもいくつかあり、四半期ごとに展開する予定をしています。

登録方法から遊び方入出金など、あなたの知りたいにお答えします

オンラインカジノには、バラエティ豊かなカジノゲームがたくさんあります。 こういったカジノゲームをプレイする場所を提供しているのは「ベラジョンカジノ」や「カジノシークレット」といった、オンラインカジノ運営会社です。 しかし、カジノゲームを開発し、作成しているのはオンラインカジノ運営会社ではなく、「 ソフトウェア会社 」もしくは「 ゲームプロバイダー 」と呼ばれている企業です。 こうしたソフトウェア会社は、数多く存在し、各社それぞれ作るゲームに特徴があります。 ここでは、オンラインカジノ運営会社にカジノゲームを提供しているソフトウェア会社(ゲームプロバイダ)をご紹介します。 信頼性が高く、安全と言われているオンラインカジノがあったとします。 そのオンラインカジノは、複数のソフトウェア会社と提携し、多くのゲームをユーザーに提供しています。 数社あるソフトウェア会社の1つが、不正を行い、ユーザーが損をする設定を意図的に組み込んでいたとしたらどうでしょうか。 その事実が発覚した際、最初に矢面に立つのはソフトウェア会社ではなく、そのゲームを提供したオンラインカジノの運営会社になるでしょう。 Big Time Gamingと言えば最大で数十万通りのペイラインが発生する『MEGAWAYS』が有名です。 他社にも提供を行っており、このMEGAWAYSを元にしたスロットがオンラインカジノで一気に話題に! 自社開発のスロットゲームもとにかく爆発力の高いスロットが多いのが特徴です。 多彩なワイルドやフリースピンなどのボーナスが充実しており、高品質なグラフィックでゲームのテーマに合った演出も楽しめます。

デジタル製品主要記事

All rights reserved。 No reproduction or republication without written permission。 Continue to CNET Japan。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*