すべて ゲーマー オンラインを始め韓国カジノ

ランドカジノ滞在記~韓国編③:カウンティング無双~

オンラインを始め韓国カジノ – 532959

photo by pixta。

韓国のカジノならここ!おすすめ3選

カジノと言えばラスベガスが有名ですが、韓国でもカジノを楽しむことができます。 韓国は日本からとても近い国です。飛行機を利用すれば2時間ほどで首都のソウルへ行くことができます。東京から大阪までを新幹線で行くと約4時間ほどですからそれよりも近いと言えます。 近年、日本でもカジノの計画がされていますが、未だ日本にはカジノがありません。その為、韓国カジノは最も近いカジノと言えるのです。 韓国のカジノは、年に観光客向けに解禁されました。後の年には外国人だけではなく、韓国人も利用できるカジノもオープンし、現在では15か所以上にカジノは設立されています。 最も多くカジノが設立されている場所は済州島ですが、最も有名となっている場所はやはり首都のソウル市です。 首都であるソウル市は交通網が良く、カジノに訪れやすいのが特徴です。歴史があり規模が大きい為、多くの外国人はソウルにあるカジノを利用しています。 カジノは大人の遊技場です。その為、18歳未満は禁止という年齢制限が設けられています。深夜営業しているだけではなく、ギャンブルですので18歳未満の年齢制限は仕方がない事なのです。 また、入場のするための条件は年齢だけではなく、パスポートも必要です。 身分証となるパスポートが無いと、どれ程年齢が高くても入場は禁止されています。 ついでに、年齢が足りていないと付き添いがいてもダメです。しっかりと年齢を満たしてカジノに遊びに来ましょう。 韓国にあるカジノはどこも大きく、どこを選んでも十分に楽しむことができます。ですが、その中でも特におすすめなのが、「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」です。 パラダイスカジノ・ウォーカーヒルは歴史が長く、規模が大きいため様々なゲームや施設を楽しむことができます。 ウォーカーヒルカジノはソウルにあります。ソウルで最も歴史があり大規模のカジノホテルです。 最寄りの駅である、地下鉄5号線クァンナル駅と2号線江辺 カンビョン 駅から、車で5~10分程で到着します。 駅からタクシーを利用してもいいですが、無料シャトルバスもあり、予算のすべてをカジノに回すこともできます。 ホテルに泊まることもできますが、やろうと思えば日帰りでカジノを楽しむことができる交通の良さが、おすすめの一つと言えます。

カジノ側の勝率操作はあるのか?

セキュリティが心配な人も多いと思いますが、 各国の厳しいライセンスを受けたオンラインカジノの中で しっかりと監視されているので情報漏洩は問題ありません。 ただ、ほとんどのオンラインカジノではVisaとMastercardしか使えない上、 オンラインカジノ側がクレジットカード可と記載していても カード会社側がオンラインカジノへの入金を拒否している場合があり、 入金時にエラーが出てしまうことがあります。 また、 カジノでのチップ購入はキャッシング扱いになるので キャッシングのできないクレジットカードだと使えない 場合もあります。 ecoPayz(エコペイズ)はイギリス政府の許可を得て 運営されている電子決済サービス。 多くのオンラインカジノが採用している入出金手段となっています。 サポートが日本語対応ということもあり、日本国内でも使いやすく 簡単に入出金ができるため、広く利用されています。 ecoCard(エコカード)というデビットカードを持っておけば コンビニATMからの出金が可能。 入金方法としては、クレジットカード・国際銀行入金に加えて ビットコインでも入金ができます。 Mastercardとの提携により、ショッピングにも使えて便利。 もうひとつ、オンラインカジノでの入金の際には 「電信送金」 という方法もあるのですが、あまりおすすめはしていません。 「電信送金なら所定の用紙に記入すればATMが使えるんだから、 わざわざ海外の口座を開かなくても日本の口座を使えばいいのでは?」 そう疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 通常オンラインカジノは海外で運営されているものだということは、 再三お話した通りです。 そのため、 日本にある銀行口座を使ってお金のやり取りをすると 手続きが非常に面倒であったり多額の手数料がかかってしまう といった問題が生じます。 また、自分のユーザーネームとメールアドレスを備考欄に 記載しないとカジノ側が誰からの送金かわからなくなってしまったり、 送金手数料はユーザー側の自己負担にしないと受け取りを拒否される 場合もあります。 オンラインカジノによっては電信送金するとチップを上乗せしてくれる サービスがあるところもありますが、このような理由から、 上記にも挙げましたiWallet(アイウォレット)に代表される 「ネットバンキング(電子決済代替サービス)」に登録し、 口座を開設する必要があるのです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*