すべて 体験 世界一グランドハイアットマカオカジノ

シティーオブドリームスマカオは世界一のIR!【施設紹介】

世界一グランドハイアットマカオカジノ – 925950

よくマニラのハイアットに併設されているカジノシティオブドリームに行くのですが、マカオにも行ってみようということで宿泊しました。部屋は豪華で一人で使うにはちょっともったいない気もしましたが満足です。夕刻のカクテルタイムもおつまみが豊富で、気に入っていたグランドハイアット東京以上にすばらしかったです。朝食もラウンジでなくレストランで食べさせていただいたのですが、種類も豊富でとても素晴らしかった。追加料金がかかるのかなと思っていたら、ハイアットリージェンシー大阪とかと同じで料金はかからなかった。ひょっとしてサービスなのか、取り忘れたのか私にはわかりません。すばらしいホテルでした。 さらに表示。

Grand Hyatt Macau 澳門君悅酒店

日本から気軽にカジノ旅できる国として人気の 「マカオ」 初めての海外旅行で心配なのは、日本語が通じないこと。マカオで日本語や英語対応ができるスタッフが充実しているカジノホテル「グランドハイアット・マカオホテル」を紹介します! 世界レベルの水上ショーも楽しめる高級ホテルを、ぜひチェックしておきましょう。 一般的にマカオでは英語が通じると言われていますが、大きなカジノリゾートで英語が通じなかった・・・という経験をされている方も少なくないようです。 というのも、マカオのカジノを楽しんでいるのは7割が中国本土からの観光客と言われるほど中国人が多く、それに併せてスタッフも中国語や広東語が得意で、英語はそこまで・・・というのが、現状です。 しかし、「グランドハイアット・マカオホテル」はそのハイソな雰囲気から欧米諸国など中国本土以外からの旅行者が多く利用しており、そのため 英語が堪能なスタッフが非常に多い です。更には 日本語を話せるスタッフも多数 いるそう。 中には 日本人マネージャーもいる そうですので、 日本人に優しいホテル といえます。 言語に不安を覚えている方もこちらのホテルなら安心ですね。 世界的に評価されているこの水上ショーは、あの 「シルク・ド・ソレイユ」 なども手掛けた舞台美術監督 「フランコ・ドラゴーヌ」 氏によるもの。 終わったあとは拍手が鳴り止まず、ときにはマカオでは非常に珍しいことにスタンディングオベーションが起きることもあるそう。

バナー・ベラジョンカジノ

今日はそんな 「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」 の魅力について徹底的に紹介していきたいと思います。 シティ・オブ・ドリームズ・マカオは年に6月にオープンしたカジノリゾートで 3つのラグジュアリーホテルと以上のショッピング施設、メガカジノと呼ばれる広大なスペースのカジノフロア、20以上のレストラン・バー が入っています。 総建設費はというと、なんと億円 という莫大な費用がかかっています。それではそんなシティ・オブ・ドリームズ・マカオの中を詳しく見ていきましょう。

到着したらホテルへGo!

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。

部屋も値段の割に豪華

マカオのカジノ王に君臨するスタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホーがCEOを務めるメルコリゾーツ&エンターテインメント メルコ は年に創立、2年後の年12月には米国ナスダックに上場し2万人以上の社員を掲げる大企業に成長させた後、年6月、マカオの巨大カジノリゾートが集積するコタイ地区に最大級の統合型リゾート施設「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」を開業しました。 マカオに6つしかないカジノ経営権のうち1つを所有する子会社「メルコ・クラウン・リミテッド」は、同リゾートの他にもスタジオ・シティ、アルティラ・マカオ、モカ・クラブマニラ、シティ・オブ・ドリームス・マニラ などの施設運営を行っており、運営する4つ星と5つ星クラスのホテルの総客室数は4,部屋以上、ミシュラン星付レストラン5店運営とマカオで最多となっており、 経営するカジノのゲームテーブルは台以上、スロットマシン台以上所有と巨大なカジノ経営をリードしています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*