すべて 体験 システム投資方法プリペイドカード

「プラスチックプリペイドカード」特集 ギフトカードモール事業者2 電算システム

システム投資方法プリペイドカード – 189276

料金収納代行システムを応用しギフトカードモール事業に参入 コンビニのシステム投資がかからないアクティベーションを実現。

ペイメントニュース最新情報

クレジットカード会社で新たな決済手段の開発に取り組んでいた尾上社長は、アメリカでサーバー管理型電子マネーである「ハウスプリペイド」、「ブランドプリペイド」が普及・拡大していることを知り、数年後にはその波が日本にも必ず到来することを予想。いち早く導入に動くが、当該クレジットカード会社では既に非接触IC型電子マネーへの取り組みが中心となっていたため、新たにサーバー管理型電子マネーを手掛けるための人員も予算も不足しており、導入を進めることは難しいのが現実であった。 そうした中、尾上社長は、成長が見込まれる「ハウスプリペイドカード」、「ブランドプリペイドカード」を日本で是非とも事業化したいと考えクレジットカード会社を退社し、年7月に同社を設立した。 「ハウスプリペイドカード」という文化が無い日本で当初営業活動は苦戦したが、低価格の専用端末を武器に店舗数10店舗程度の小規模事業者を中心に顧客数は着実に増加し、一定のシェアを獲得する。ハウスプリペイドカードマーケットの拡大に伴いシェアは一段と上昇し、顧客規模も中堅、大手へと拡大していった。 年からは海外でも事業を展開。年9月、東証マザーズに上場した。 国内プリペイドカード市場は年度に13兆円に拡大すると予想されている。 中でもハウスプリペイドカードは年度から年度までの年平均成長率は10。 サーバー管理型電子マネーは非接触IC 型電子マネーに比べ1枚当たりのカード単価など導入コストが安価であることに加え、その特性を活かして、例えば「今日から1週間は付与ポイント倍増!」といったようなインセンティブプログラムを顧客企業のニーズや状況に合わせてサーバー側で柔軟に設定、実施できる点が大きな特長である。 自社の独自ブランドで発行が可能な 「ハウスプリペイドカード」 と、VISA、MasterCardを始めとする国際ブランドと提携し、従来のハウスプリペイドカードの機能にVISA、MasterCard等の国際ブランド加盟店での決済機能を搭載した 「ブランドプリペイドカード」 を展開しており、この2つを事業セグメントとしている。 同社はプリペイドカードを単なる決済手段にとどまらせず、企業と消費者(ユーザー)をつなぐマーケティングツールとして位置付け、プロモーション、マーケティング、ブランディングの観点から企業の販売促進活動を支援している。 即ち、バリューカードASPサービスにより提供するプリペイドサービスを効果的に活用し、導入企業の客数・来店頻度・客単価などの指標の上昇、売上向上への貢献を目指す点が同社の大きな特徴である。 もちろん多様化する決済手段を最適化するとともに、店舗、消費者双方の決済に係る利便性向上にも貢献している。

e-book 無料ダウンロード

一気に押し寄せて来た電子マネー ICカード 時代 今や交通機関の運賃やコンビニ・スーパーの買い物などで、電子マネー利用が常識です。お財布スッキリ、気分もスッキリ。家計簿連動型も今では当たり前、小銭を持ち歩かない主婦が急増中です。 ハンドリングコスト低減の決め手、電子マネー コインランドリーにおける故障の主要な原因は、コイン詰まりです。コインランドリーオーナーにとっても、釣銭不要で盗難対策や売上金の回収管理など、ハンドリングコスト低減効果は計り知れません。 利用客の定着で、コインランドリーの未来が見えてくる リピーター率UPに効果的なのがプリペイドカードです。さらに競合するコインランドリーができても、お客様を逃がさないための有効な手段です。 任せて安心は、24時間コールセンターだけではなかった 売上げ管理システムで、的確な現状把握ができます。指定時間に日々の売上げデーターを受信、経営に役立つ、機器別、時間別売上げや両替機の払い出し金額も一目瞭然です。もちろんリアルタイムでチェックして、集金金額をパートさんに通知することも可能になりました。 コインランドリー経営・投資・開業・起業 ホーム mammaciaoの強み mammaciaoはここが違うその3 ~電子マネー/プリペイドカードで主婦の心をつかむ~。

mammaciaoはここが違うその3 ~電子マネー/プリペイドカードで主婦の心をつかむ~

substr 19 : vm。 平成25年7月、「システム管理」の評価項目が、銀行や証券会社向けの評価項目とほぼ同様の構成となるよう、大幅に追加されました。 本改正において、金融機関以外の電子マネー・プリペイドカード発行事業者が、新たな仕組みの導入を要求される主な項目として、「システムリスク管理態勢整備」と「システムリスク評価」が挙げられます。 「システムリスク管理態勢整備」は、自社の「システムリスク」とは何か、誰がどのように管理するか、有事の際の対処方法等を検討し、リスク管理のための役割・機能を明確化し、システムリスク全般に係る管理方針を策定することです。 「システムリスク評価」は、自社のシステムにおけるリスクの洗出しと評価を行い、評価結果に合わせた対応策の検討を行うことを仕組みとすることをいいます。 この改正の背景には、近年の電子マネー・プリペイドカードの発行額の劇的な増加があると考えられます。電車やバスへの乗車、日常の買い物等、電子マネー・プリペイドカードは消費者にとって必要不可欠な決済手段となっております。そして、これらの決済手段は、ITシステムの基盤の上に成り立っています。 消費者に対し、安全・便利な決済サービスを提供するため、自社のシステムの状況・リスクの影響範囲や大小を見極めた上で、システムの安全性確保や利便性の向上のための仕組みを身の丈にあったレベルで構築し、適切な運営を継続していくことが重要となります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*