すべて 体験 ボーナスマネリスボアホテルカジノ

マカオのカジノ「グランドリスボア」にも行ってみた【体験談】

ボーナスマネリスボアホテルカジノ – 778773

ということで今回この記事では、 【世界のカジノ人気ランキングTOP10】 と題して、どこのカジノの規模が大きいのか?ランキング形式でまとめてみました!

カジノがあるマカオのホテルBest10

こんにちは!世界中のカジノの攻略に挑戦中、Cajimo編集部;笠原 豪です。先日、マカオにしばらく滞在したときに泊まったのがマカオ半島でもひときわ目立つ、ランドマーク的タワーとなっている高層タワー型のカジノリゾートホテル『グランドリスボア』です! 今日はそんな『グランドリスボア』について紹介したいと思います。 日本ではカジノがないため初めて海外でカジノに行った際、気づかぬうちにマナー違反をしてしまい、恥ずかしい思いをしたという人は意外と多くいます。 しっかりとマナーを守り、スマートにカジノをプレイできるよう、最低限下記のマナーをしっかり覚えて参加しましょう。 カジノフロアに一歩足を踏み入れたら、写真やビデオ等の撮影は一切NGです。 今やスマホなどの携帯電話にカメラが付いてしまっているのでカジノのテーブルで携帯に触るだけで注意を受けます。 旅行気分で一枚パチリえと記念撮影をしたい気持ちもわかりますが、うっかり撮影してしまうとすぐさまセキュリティーが飛んできて厳重注意を受けるか酷いときは退場になるので注意しましょう。 カジノへ出掛けるとき、女性であればハンドバック男性であればメガネやサングラスなど小さな荷物を持って出かける人も多いと思います。 テーブルゲームをプレイする際には、小物といえども、カジノのテーブルの上に荷物を置くことはマナー違反となります。 カジノのテーブルはあくまでもゲームをプレイする場所であるということをしっかりわきまえておきましょう。 テーブルゲームをプレイすると、徐々にテーブルの上にはチップが山盛りになり相手のチップが邪魔になるときがあります。 他人のチップが邪魔だからとってどかすような行為はマナー違反です。 他人のチップを触ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、他人のチップにはくれぐれも触らないように注意してください。

日本からのカジノ旅にオススメ!国別カジノホテル特集!

そんなリッチなカジノオーナーの中でも、ひときわ稼いでらっしゃる 億万長者 、いや、兆万長者の方達と、そのライフスタイルをちょこっと紹介しましょう。 世界で最もリッチなカジノオーナーといえば、シェルドン・アデルソンでしょう。ラスベガス・サンズの創設者兼CEOであるアデルソンは、急成長を続ける彼のビジネスから毎日平均32億の収入を得ており、現在の資産は億ドルと言われています。アデルソンのLas Vegas Sandsグループは、アメリカ中のカジノを合わせた以上の利益をあげています。 アデルソンは「the rich get richer/富はさらなる富を得る」という、古い格言通りの人生を送っています。現在、彼のカジノ資産には、運河やゴンドラを備えたヴェネツィアを再現する有名なカジノ、ヴェネツィアン・カジノ・ラスベガスもあります。それだけではありません。世界最大のカジノであるマカオのヴェネツィアン・マカオ・カジノ・リゾート、シンガポールのマリーナ・ベイ・カジノ、ラスベガスのパラッツォ・カジノ・リゾート、サンズ・エキスポ&コンベンション・センター、ペンシルベニア州ベツレヘムのサンズ・カジノもアデルソンが所有しています。 アデルソンはアメリカからアジアに至るギャンブル帝国を築いた他にも、政治活動家、慈善家としても働き、イスラエルの新聞、Israel Hayomも所有しています。シェルドン・アデルソンの自宅自体、カジノリゾートと見間違えるほどの豪邸で、ラスベガスの大邸宅は44,平方フィートの超巨大な敷地を所有しています。 ボラカイ島にもカジノをオープン する予定でしたが、ボラカイ等へのツーリスト閉め出し問題とアンチカジノなフィリピンの大統領の反対でどうなることやら。 日本にカジノをオープン する機会も狙っています。

バナー・ベラジョンカジノ

光の都であるパリをホテル全体で再現した 「ザ・パリジャン・マカオ」 マカオにいながら優雅なパリの空気を感じられるカジノホテルです。 敷地内で一際目を引くのは フランスの首都、パリの象徴的な建造物であるエッフェル塔 です。 2分の1のスケールで精巧 に表現され、 夜になったら幻想的なライトアップ が楽しめます。 カジノは1階 にあり、巨大なフロアに ベルサイユ宮殿のようなバロック建築 が目を引きます。 ゲームで遊ぶことはもちろんですが華やかな空間もこのカジノホテルの魅力です! ザ・パリジャンマカオの一番の特徴と言えばエッフェル塔です。7階と37階に 展望台スペース もあるので入場してマカオの景色を楽しんだり土産物店でショッピングも楽しめます。 ここでは日用品の販売もしているため、コンビニやスーパーが少ないコタイ地区で生活に必要なものが手に入るところも嬉しいですね。 ホテルの6階には工夫を凝らしたゲームや運動ジムも併設されています。 広さ約平方メートルの「キューブ・キングダム」は子供はもちろんのこと、大人も楽しんでしまえそうなアトラクションです。 昔懐かしいカラフルなボールプールやジャングルジムなどの滑り台もパリ風味の素敵なデザインで用意されています。 ホテル内に併設された 「ショッパー・アット・パリジャン」 には以上のブティックやカフェ・レストランが立ち並んでいます。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。 ウィン・マカオでは、広東料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、中国北方料理など沢山のグルメが楽しめます。中でもスワロフスキーで作られたクリスタルドラゴンが飾られている、「Wing Lei(ウィン・レイ)」という広東料理のレストランはとても有名となっています。他にも、誰でも気軽に楽しめるバーや馴染のあるスターバックスなども入店しています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*